髪へやってはいけない事 ~朝のシャンプー~

夜も遅くなり疲れて寝落ち…朝はすっきりするし朝シャン派!など、朝にお風呂に入ることも多々あると思います。しかし、髪に関しては朝にシャンプーするという事はとてもダメージを加えることとなり、薄毛や抜け毛のとても大きな要因となります。どうしてか?を詳しく説明します。

皮脂の摂りすぎ

 朝も夜も洗っている方は特に要注意!
もちろん頭皮は皮脂、汗を洗い流すのは必要です。ただ夜も洗って朝も洗ってとやっていると、確実に皮脂の落とし過ぎになります。その結果、頭皮が乾燥します。

油分の少なくなった頭皮は乾燥してカラカラになり一生懸一生懸命、油分を出そうとします。いわゆる皮脂のです。油分が出てくることでさらに不快感になり、洗いすぎになってしまうので、シャンプーは夜1回で済ませましょう!

シャンプー中の女性

シャンプーをしている女性

なぜ夜にシャンプーなのか

髪が育つ時間帯は22:00~2:00の間と言われています。お肌のゴールデンタイムと同じ時間ですね。髪もこの時間帯は最も育毛に最適な時間なのです。この間には1日の頭皮の汚れをしっかり落としていないと毛穴に汚れがつまり、薄毛や抜け毛の原因になります。でも、仕事だったり用事があったりで朝じゃないと無理だよ…と言う方もいらっしゃると思います。なぜ朝シャンがNGと言われているのか。
朝のシャンプーがNGなのは紫外線が大いに関係あります。
青い空

紫外線

頭皮には庇護膜(ひごまく)と言われる膜で覆われています。この庇護膜は頭皮全体をコーティングしてくれる薄い膜で、外からの刺激を守ってくれる役割を果たしています。この膜は分泌されるものですが洗ってから6時間以上たってからではないと再生されないと言われています。夜シャンプーした場合は寝ている間に再生されるので、問題ありません。
それが、朝シャンプーをした場合、再生が間に合わず更には紫外線をもろに受けてしまうので負担がかかりやすく育毛の妨げになってしまいます。

どうしてもという時は

どうしても朝しなきゃいけない状況になった場合は、お湯シャンをお勧めします。

お湯シャンとは、シャンプーやリンスを使用せずにお湯だけで洗う方法です。お湯だけではべたつきや臭いが気になるところですが、効果としては「さらさらになった」「髪に潤いが出た」「脂性だったのがあまりきにならなくなった」などあげられます。シャンプーを使わないので過剰な洗浄を防ぐことができます。もちろんお湯で洗っているので臭いもありません。洗い方はいたって簡単ですが、いくつかポイントがあります。
・まんべんなく頭皮全体にシャワーをあてる
・両手を使って頭を包み込むように、毛穴に使っている汚れを絞り出すイメージで揉み込む
・シャワーを当てながらシャンプー時と同じように指の腹を使って小刻みに動かしながら、生え際からトップに向かって優しく洗い流す
シャワー中の女性

シャワーで流す女性

どうしても、という時はこれでOKです。中途半端な洗い方だと更に脂っぽくなってしまったりする場合がありますので、しっかり洗い流しましょう。

ノンダメージヘア

キューティクルを最大限に引き出した綺麗なヘア

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ