マタニティライフ

髪質の変化

おなかを抱えた妊婦

お花を持った妊婦

妊娠中の髪の毛や体毛が変化したというのを聞いたことがあると思います。
妊娠中はホルモンバランスが変化するので、髪質に変化が見られます。例えば普段はストレートでサラサラだったという人でも、髪質が変化してクセ毛になった、あるいは抜け毛が目立ち始めた髪の毛が細くなったというケースもあります。これは必要な栄養素が胎児の方に多く吸収されているため、妊婦本人の体内に必要な栄養素が行き渡らなくなっている可能性があります。そういう時は普段の食生活に気を使うとともに、できるだけ効果的なシャンプーや育毛剤を使ってケアしていきたいところです。

ブリーチが良くない理由

ブリーチとは髪の黒く見せているメラニン色素を脱色させて明るくすることを指します。カラーとは違い、上記でも書いたように、妊娠するとホルモンバランスが変化します。変化すると抜け毛が多くなったり、痒み、フケが出やすくなります。このように頭皮が敏感な状態でブリーチをすると炎症を起こしやすくなったり、ひどい方だと体調も悪くなってしまう方もいるようです。ただでさえ、ホルモンが崩れているわけですから頭皮へのダメージ、髪へのダメージを考えるとやらないほうがいいのも納得します。どうしてもやりたい場合は髪のパサつき、ごわつきにも覚悟が必要になります。
女性の頭皮の炎症

カラーやパーマでの影響

妊娠中にカラーやパーマをかけることによる胎児への影響は絶対的にあるという事では有りません。ただ、今までブリーチやカラーしても大丈夫だったのに妊娠中に不快感を伴うのは皮膚が敏感になっているためです。よくないと言われる1番の原因としてあげられるのが、カラー剤やパーマ液の臭いもつわりなどがある時はきついということです。つわりの時期は避け、安定期に入ってからの方が良いです。無理はしないようにしましょう。
つわり

サロン利用のすすめ

市販のカラー剤もたくさん種類があり、手軽にできる事からセルフカラーで済ませる方も多いと思います。セルフカラーの場合、美容院でカラーをする時よりも強い薬剤を使っています。
美容院でカラーをする場合は、お客様の髪質(太さ、硬さ)や、肌が弱かったりする方もいるので薬剤を選ぶことができます。しかし、セルフカラーは大体の人が失敗なくキレイに染める事が出来ます。という事は、髪の毛のダメージの多い方少ない方、毛の量が多い方少ない方も同じレベルで染めることができるのです。これではダメージの多い方は溶けてしまう場合もありますし、頭皮も炎症でかさぶたになることもあります。
サロンカラーの場合は、根元と毛先のカラー剤を分けています。ダメージを受けていない根元とダメージの大きい毛先の色で使う薬剤も強いものと弱いものを分けているため、頭皮や髪の毛のダメージが少ないのです。

妊娠中を考えるとダメージの少ないサロンでのカラーをお進めしますが、シャンプーへの移動だったり他のお客様のカラー剤やパーマ液の臭いも気になる方もいると思いますが、自分の体調が1番です。

寝ている女性

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ