人の髪の色と種類

髪の色

世界を見てみると人種も違えば、肌金髪は最も細い毛髪となっていますが、ほかの髪の色より多量の毛髪を持っており、平均して14万本の毛髪を持っています。髪の色、目の色様々です。今回のテーマは髪の色。髪の毛に焦点を当ててみてみると、人間の髪の色は大きく分け4色あります。基本として黒髪、金髪、栗毛、赤毛となります。
黒髪
黒髪の女性モデル

女性がこちらを向いてポーズを取っている

黒髪は日本をはじめとして、東アジア、アフリカ、南アジア、中東、アメリカ先住民、太平洋諸島のほとんどの民族で見られる髪の色です。あらゆる民族で黒髪は発生すると思われます。しかし、その地域によって直毛だったり、はたまたアフリカでは縮れた強い曲毛を持ちます。

金髪
白髪ストレートロング西洋人女性の横顔

白髪のストレートの西洋人の女性が横を向いている写真

多いと思われがちですが、以外に天然の金髪は稀な色です。人工の約1,7%~2%しか見られないと言います。金髪と行ってもトーンがあり、白い近い金から暗い色のダークブロンドにまで及びます。幼少時は金髪でも、成長するに従い暗めの茶色に変化していきます。天然の金髪のほとんどは白人になります。確かに金髪=白人のイメージがありますが実際は栗毛や黒髪の人口の方が多いようです。大体の方は染めているようです。
金髪は最も細い毛髪となっていますが、ほかの髪の色より毛の量が多いため、平均して14万本の毛髪を持っています。
栗毛
頬笑みながら目をつむっている女性の写真

ストレートヘアの艶がきれいな女性

栗毛はあらゆる地域で見られ、多くの場合は地中海沿岸や中東、更にはスカンジナビア出身の民族においてすら、最もありふれた髪の色です。栗毛と金髪は共通の遺伝子に基づいていますが、あらゆる種類の瞳や皮膚の色と同時に現れる可能性があり、金髪よりも多くのユーメラニンを含んでいますが、黒髪の遺伝子と違ってフェオメラニンも含んでいます。栗毛の人々は中程度の太さの毛髪を持ち、平均して10万本の毛髪を持っています。
赤毛
赤毛の女性がこちらを見ている

こちらを見ている女性

赤毛は全世界的に最も珍しい色の髪であり、スコットランドやアイルランドで比較的多く見られますアメリカでは人口の2%が赤毛です。主に白人の間で見られ、鮮やかないちご色から深いワイン色まで様々です。赤毛は最も太い毛髪と最も少量の毛髪を持っていて、平均して9万本の毛髪を持っています。赤毛の人は総じて肌がとても白く、それ故に紫外線に弱くそばかすもできやすいのが特徴。

色素

肌の色はユーメラニン(黒)フェオメラニン(黄)、この2つのメラニンから成り立っています。
ユーメラニン(黒)が強ければ肌の色は濃く、白色人種はこのユーメラニンが少ないため肌の色は薄いというわけです。ですので赤道の近い暑い地域に住む人々はメラニンが強いため肌は黒くなります。
逆に紫外線を浴びる事の少ない地域に人々は、紫外線が体内に入ってくるのを邪魔するメラニン自体少ないので肌が白いというわけです。

ユーメラニンとフェオメラニンは、どちらも紫外線を防ぐ機能があります。 どちらのメラニンを多く作られるかは、メラノサイトと呼ばれるメラニンを生成する 細胞によって決定します。 紫外線を浴びると、傾向的にはユーメラニンのほうが多くつくられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ