シリコンシャンプーの詳しい解説

そもそもシリコンとは

化学反応によって作られる完全人工物のことです。豊胸で使用するシリコンとは違います。シリコンは作られ方によってオイルのように使われたり、ゴムのように使われたりと、様々な用途に使われています。シャンプーに入っているシリコンは、化粧品にもよく使われているタイプのシリコンで、髪を洗うときに指通りを良くするものです。化粧品にも良く使われているのでシリコンは良くない!という訳ではないのです。ただし、髪をコートするだけで、髪を補修したり浸透して保湿するような効果はありません。

シリコンシャンプーの特徴

シリコンは髪の毛に皮膜を作るので、ツヤが出て、サラサラとした指通りになり髪が皮膜で少し重くなる分、広がりは少なく落ち着くという効果があります。しかし、その皮膜によってパーマ液やカラー剤が少しだけ浸透しにくくなります。
シリコンはコーティング剤の一種の為、髪に皮膜を作るという性質があります。そこだけを見てみると、シャンプーは汚れを落とすのが一番大切な役割なのに、コーティング剤を入れたら頭皮や髪に良くないのではないかという発想で、今「ノンシリコンシャンプー」が注目されている訳です。
しかし、どうして洗浄するのが役割なのにコーティングをいれているのでしょうか。
シリコンシャンプーの洗浄成分には、高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系、ベタイン系など、さまざまな種類があり、それらの洗浄成分を用途により、組み合わせて使用します。そのなかでも、高級アルコール系のラウレス硫酸という洗浄成分が、少量でもよく泡立ち、洗浄力が強く、とにかく減量も安価なので、大量生産できるのです。低価格のシャンプーにはたくさんの量が配合されます。
硫酸とあって、洗浄力が高く髪や頭皮の汚れは落ちますが、洗っている最中のギシギシ感、髪が指に絡みやすいといった問題点が挙げられます。そこで、指どおりを良くするためにシリコンを入れている、という訳です。
女性が後ろ向きでシャンプーをしている姿

黒髪ロングの女性が後ろ向きでシャンプーをしている写真

シリコンシャンプーについてのよくある勘違い

シリコンシャンプーを使うと毛穴が詰まる頭皮に悪影響があるなど言われていますが実際のところはどうなんでしょうか?
頭皮は皮脂に守られていますし、ターンオーバー(新陳代謝)ではがれていくものです。

また、髪の毛は〜0.5ミリずつ毎日少しずつ伸びていき、もし毛穴に詰まったとしても髪の毛と一緒に外に押し出されます。毛穴からは皮脂も分泌されるので、皮脂と一緒に毛穴に詰まったシリコンも排出されます。

要は、毛穴が詰まるというよりは、守ってくれている皮脂を高い洗浄力で洗い流してしまう洗浄成分に問題があるわけです。

キレイな毛根イメージのカラーイラスト

髪の毛穴がきれいに光ってるカラーのイラスト

髪質にあったシャンプー選び

上でも述べたように、皮膜を作るので、ツヤが出て、サラサラとした指通りになり、広がりは少なく落ちつきのあるスタイルにしたい方はシリコンシャンプー髪が細くてボリュームを出したい方はノンシリコンシャンプー。シリコンの皮膜がなくなるので、髪が軽くなり、根元からふわっと立ち上がってボリュームが出ます。
顔を挙げてシャンプーをしている外人女性

女性が目を閉じてシャンプーをしている首から上の写真

但し、ノンシリコンシャンプーと謳っている商品でもトリートメントにはシリコン入りという事が有りますのでお気をつけ下さい。ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランというものがつく成分が含まれないものは、ノンシリコンになります。
このように、ノンシリコンシャンプーもシリコン入りシャンプーも 基本的には、ご自身の髪の毛の状態に合わせて使うことが大切です。
色とりどりのボトルが並んでる写真

様々な整髪料やシャンプーボトルが並べられている写真

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ