エクステの扱い方~シャンプー、乾かし方、就寝時~

せっかくつけたエクステは長く持たせたいもの。長持ちさせる方法をいくつか紹介します。

シャンプーの仕方


①シャンプーをする前に髪をとかします。

★髪のとかし方は根元から溶かすのはNGです。
毛先から根元に向かって両手を使って優しくとかしてください。手のひらの上でとかすことが、より良いです。ブラッシングの仕方によって傷みがでやすくなりますので要注意!!!

ブラシは下の写真のようなものを使います。

120525880

492570191
①のブラシはストレートを付けた時に向いています。もちろん地毛にも!このブラシは側面を使って編み目も一緒にとかすことができるのでとても便利です。

②のブラシは①のブラシと比べて目が粗いのはわかるでしょうか?こちらはウエーブエクスエクステを付けた時に向いています。目が粗いので若干ストレートエクステよりも絡まりの多いウエーブエクステに最適です。最もエクステには不向きなものはコーム、ホテルのアメニティでおいてあるようながいこつブラシは絡まりの原因になりますので絶対に使わないでください。

②顔は上を向き、髪の流れに沿ってシャワーでよくすすぎます。


③シャンプーを泡立て、頭皮の腹を使って洗いよくすすぎます。

★それぞれエクステの接着部分は異なると思いますが、(編み込み、シール、超音波など)接着部分を臭いが気になると言ってゴシゴシ洗う方がいますが、それは頭皮を傷つけている事になりますのでおやめ下さい。臭いの原因はシャンプーの洗い残しや、半乾きの状態が長く続いた状態によるものです。エクステ自体はそんなに汚れてはいないので頭皮をメインに洗って下さい。エクステ部分はシャワーで流す時に流れる泡で洗う程度で大丈夫です。


④トリートメントを頭皮に付けないように髪の毛部分にだけにつけ、5分程度おいたら洗い流す

⑤同じようにリンスを付け、洗い流します。
★トリートメントに関しては人毛100%のみ有効です。人工毛が混ざっていると水分をはく作用がありますのでトリートメントをやってもあまり意味がありません。

乾かし方 

根本からドライヤーの風邪を当て、乾いてきたら徐々に毛先の方まで乾かしていきます。

177787035 (426x640)

★乾かす時はブラシを使いながら乾かすと乾きやすいです。必ず良く乾かして下さい!きちんと乾いていないと臭いの原因にもなります。また、乾かす前はオイルトリートメントを全体に伸ばして付けてからにしましょう。髪の表面を成分が覆ってくれるので熱から髪を守ってくれます。それだけでなくトリートメント効果も発揮するので、普段からオイルトリートメントを使っている人とそうでない人のエクステの持ちは断然に違います。

就寝時

寝るときは三つ編みかてっぺんでお団子にして寝ましょう。
よく三つ編みで寝て下さいと言われるけどなぜか?

493244413

それは髪の毛のように極細の繊維は摩擦にとっても弱いのです。ですので、三つ編みにしないでそのままの状態で寝てしまった場合、寝返りも打ちますし、寝ぞうが悪い方だったら….想像できますね。お団子もきっちりとまとめてあれば摩擦もおきないので三つ編みが苦手な方はお団子で大丈夫です。結んでいればOKというわけではなく、ただ2つに縛っただけだと、毛束がまだまとまっていない状態なので中間に2~3回ゴムで結ぶなどして工夫して下さい。時には絡まりすぎて鳥の巣状態で泣く泣く地毛を切らなければならない方もいます。そうならないためにも必ずまとめて寝ましょう!! 

“エクステの扱い方~シャンプー、乾かし方、就寝時~” への2件のフィードバック

  1. みやび より:

    トリートメントと、洗い流さないトリートメントはエクステにも全体につけていいんでしすか?
    毛先だけにつけたほうがいいんですか?\(^o^)/

    • e-shop より:
      みやび様
      トリートメント、洗い流さないトリートメントは頭皮につけないように髪の毛全体的に付けて下さい。

      洗い流さないタイプは濡れている状態で付けてからブラシで梳かすと伸びもいいですよ☆ 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ